美肌をつくる!

女性なら誰でも気になるお肌のあれこれ。美肌をつくる方法を配信中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

⑮毛穴は美肌の敵!?

雑誌で見るモデルさんのような、
すべすべの美肌は、女性のあこがれですよね。


毛穴が目立つ肌はいやなものです。


ところで毛穴の本来の役目とは、なんでしょう。


言うまでもなく、汗を流したり、
体温を調節してくれたりするものですよね。


この汗には体内から必要のない物質が含まれたり、
余分な皮脂が含まれたりします。


つまり、解毒作用の他、健康な肌であれば、
この適度な皮脂が肌を外的刺激から守ってくれたり、
潤いを閉じ込めてくれるという、天然の美肌効果にも役だっているのです。


ところが、不規則な生活リズムやストレス、
バランスの悪い食事などの要因が重なって、生活習慣が
乱れてしまうと、分泌される皮脂が過剰になります。


これが、あの煩わしい肌のてかりだったり、
ニキビや、毛穴の開き、黒ずみの原因となるわけですね。


つまり、健康な美肌の、あるべき毛穴を保つためには、
正しい生活習慣を身に付けるということが、
究極の手段だといえそうです。


ちなみに、雑誌の写真は必要な修正が加えられているものなので、
どんなに頑張っても至近距離で毛穴が見えない肌というのは手に入らないようです。


だから、「毛穴があまり目立たない美肌」あたりを、目標としましょう!

| 未分類 | 2012-11-26 | comments:0 | EDIT | TOP↑

⑭美肌をつくる洗顔

洗顔が美肌キープに大切であることは、
いうまでもないでしょう。


汚れは朝晩の洗顔でちゃんと落ちているもの
らしいので、洗いすぎはかえってよくないようです。


ゴシゴシは厳禁!


そうは言っても、洗顔の手順が
間違っていては美肌効果はあがりませんよね。


まず洗う前に毛穴を広げた状態にしておくこと。


蒸しタオルが効果的ですが、
入浴中に毛穴は広がっているので、
面倒くさい人はその状態を利用しましょう。


洗顔料は充分に泡立てて、
肌を傷めないようにやさしく洗います。


最後にすすぎですが、
意外とこれが不十分なために、
毛穴の汚れが落ちていないこともあるようです。


すすぎは手を抜かず、最低30回は洗い流して下さい。


気になるのは毛穴の黒ずみですよね。
正体は角栓らしいです。


角栓は、本来剥がれ落ちるべき古い角質がそのまま残って、
毛穴から分泌される皮脂と混じったもの。


これが毛穴に蓋をして、
黒ずみの原因となっているらしいです。


角栓をとりのぞくにはパックが効果的ですが、
これもやりすぎると毛穴を広げてしまうので、
2週間で1度ぐらいがちょうどよいようです。


何事も、過ぎたるは及ばざるがごとしですね。
正しい洗顔、パックを身に付けて、美肌へ一歩前進です。

| 未分類 | 2012-11-22 | comments:0 | EDIT | TOP↑

⑬美肌に必須のセラミド

潤った美肌を保つために、
大きな影響力を持っているのが、セラミド。


これは角質層の主要成分で、細胞同士をつなぎ止めて、
肌の潤いをキープしたり、外的環境から守ってくれたりします。


しかし年と共にセラミドは減少し、
潤いが失われていきます。


皮膚はターンオーバーによって生まれ変わります。


ターンオーバーは20代で約28日、
40代で約40日ぐらいの周期だと言われていて、
サイクルが長くなるほどセラミドが減少するということです。


つまり、美肌に必要なセラミドを増やすには、
真皮の新陳代謝を活性化してやるとよいわけですね。


セラミドを配合した化粧品も多く売られています。


極端に安い物は肝心のセラミドが少なすぎたりするので、
そこはあまりケチらない方がよいようです。


セラミドを作ってくれる食べ物もあります。


フィトケミカルという成分がよいそうで、
セラミドの生成を促すほか、抗酸化作用があって
免疫力を高めてくれるため、大いに美容へ役立ちそうです。


この成分は第7の栄養素と言われていて、
植物自身が持っている色や香り、辛味成分などです。


具体的にはポリフェノール、イソフラボン、
カプサイシン、アントシアニンなどを指すので、
上手く取り入れて美肌に近づきたいものですね。

| 未分類 | 2012-11-21 | comments:0 | EDIT | TOP↑

⑫冷えは美肌づくりに悪影響

お肌が乾燥しがちな
寒い季節に湯船に浸かると、
なんだか肌の表面が潤った気がしませんか?


これは、蒸気の水分で
皮膚が濡れているせいばかりではなく、
実際に体内の水分が保たれているからなのだそうです。


タンパク質であるTRPV4の働きが
大きくかかわっていて、体の至る所に存在する
この成分は、温度を感知して筋肉を緊張、
弛緩させて体内の水分を調節しているのだとか。


つまり、寒くなると
TRPV4の動きが鈍くなって、
肌の乾燥が進むということ。


言い換えると体をなるべく冷やさないようにして、
寒い季節はマッサージなどで血行を促進させて、
体が温まる食事を規則正しくとることにより、
美肌に近付くということでしょうか。


冷えは美肌だけでなく健康にもよくないですから、
体は温めるに越したことはないということですね。


潤いたいなら、水をたくさん飲めばいいんじゃないの?


・・・という素朴な疑問についても調べてみたら、
これはトイレの回数が多くなるだけで、
美肌づくりという意味からは効果がないようですね・・・。


度が過ぎるとむくんだりするので、
かえってよくないみたいです。


水を飲むよりも、ターンオーバーの観点から、
十分な睡眠の方が効果的ということです。

| 未分類 | 2012-11-20 | comments:0 | EDIT | TOP↑

⑪美肌の大敵肌荒れと脂浮き

化粧品を変えたら、お肌がかゆくなったり、
赤くなったという経験がありませんか?


そのときは、すぐに使用を中断しましょう。


低刺激性の洗顔料を使って、
クリームやワセリンなどで肌の潤いを保ちます。


化粧の際には、ひとまず
ベースメイクをおしろいだけにしてください。


これ、女性にはなかなか勇気のいることですが、
一日も早く健康な美肌を取り戻すために、
ここは思い切ってくださいね。


クレンジングが原因になっていることもありますから、
できればこれも中断しましょう。


この状態で1週間たっても治まらないなら皮膚科へ行って下さい。


美肌の大敵、肌荒れの原因には、
ストレス、食生活、寝不足など色々とありますが、
そのほかに日頃のお手入れが原因になっている場合もあります。


オイルタイプのクレンジング剤や、
日焼け止めが肌荒れの原因になっているケースは、
けっこう多いみたいですよ。


あぶら浮きがひどいときは、
潤い成分であるセラミドを補うとよいようです。


セラミドは大豆やヨーグルト、
ホウレンソウなどに多く含まれている成分です。


ストレスや暴飲暴食、
寝不足で皮脂が多くなることもあり、
これらは美肌を損なう肌荒れの原因でもあるので、
気を付けたいですね。

| 未分類 | 2012-11-19 | comments:0 | EDIT | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。